忍者ブログ

renの自由気ままなブログ

トラバの返信は、トラバ機能停止により受信も送信もできない状況ですすみません。

相互リンクしていただける方は、右のプラグインの「相互リンク申請」からコメントお願いします。

相互リンク依頼→2012.10.?? 相互リンクの依頼に回ります。

新幹線情報(自分メモ用)
繁盛期(料金+200):3/21~4/5 4/28~5/6 7/21~8/31 12/25~1/10
閉散期(料金-200):1/16~2/28 6/1~6/30 9/1~9/30 11/1~12/20 ※月~木

キャンセル待ちが多く発生する時期
・1か月前の夕方、もしくはその翌日
・10日前から7日前
・3日前から2日前
・前日、当日の乗車直前まで

10.01.22 ブログランキング始めました・・・。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログ 萌えアニメ(ノンアダルト)へ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

魔法物、精霊物、学校物アニメが特に好きです
そして、よく、ゲーセンでQMA、リフレクを中心にプレー中ですー

1日最大5記事アップです。それ以上は次の日へ持ち越します(自主ルール) ※規制を軽くしました(10.3.27)

相互リンク希望の方は、リンクの「相互リンク申請」から入り、コメントでお伝え下さい

 
サンプル
皆様、暖かいご声援よろしくお願いします
当ブログはアニメ中心で構成されています。苦手・嫌いな方はお引き返し下さい。
・Skipeも一応やっていますので、お気軽にどうぞ~
※知らない方は無視しますので、コンタクトされる際には一声いただけるとスムーズに行くでしょう
SkipeID="ren20108"
以前は、(生徒会の放課後こーひーたいむ)で運営しておりましたが、更新頻度も落ち、アニメ系の感想もほぼ皆無になってきたんで、ブログ名変更しました。ただし、閉鎖はしません。 改めて宜しくお願いします。 そして、主も変わりませんので、お気軽にコメント等はどうぞー。
投稿日時:2017/10/19 16:27:05 No.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

投稿日時:2011/04/28 21:06:18 No.962
本日は、最終評価を上げるために、一度、全話再視聴という形でこのアニメについて振り返ることにしました。
それに伴い、感じたこと、疑問に思ったことなどを、メモしておきました。

やっぱり、素朴かもしれませんが、疑問に思うところや感じるところは出てくるものですねwww

とりあえず、続きにて、「1話」~「12話」まで各話ごとに要点をまとめたつもりです・・・。
ちょっと、簡単すぎる部分もありますが、そこはご容赦ください。

拍手[0回]

PR
投稿日時:2011/04/22 06:05:20 No.943

madoka12-1.jpg



魔法少女まどか☆マギカ、12話。(最終回)

 

・・・全体を通して・・・
願いからして規模が予測外の展開・・・。
まさか、魔女を根から破壊て。


・・・視聴を終えて・・・
いよいよ本当の最後。
まどかの願いが神すぎて感動しました。
まさか宇宙そのもののルールそのものを変えるほどの願いとは。
おそらく、全ての行動に意味があったといえるでしょう。

無意味だと唄われていたほむらが何度も過去に遡って同じ世界を繰り返してきた。
しかし、結果はまどかを守れず、死ぬ姿をバッドエンドを何度も見てきた。

それにより、まどかが力を得ていく。
全ての因果が重なってまどかを強力な魔法少女へと変貌させる=バッドエンドだ。=絶大な魔女になる
こう思っていましたが覆りました。
ここまでの力をため込んだからこそ、あの途方もない願いがかなったわけですし、そのおかげで何人もの人たちが救われたわけです。

まどからしい願いだったといえるでしょうね。
マミさんの願いは結局最後まで明らかになりませんでしたね。
そして、さやかは成仏したと思って間違いないのでしょうか?
杏子の扱いは相変わらずひどかったかもしれません。
あんまり彼女については触れられていなかった印象です。

そしてOPに出てきた、まどかと対となるような人物ですが、あれは、まどか自身だったのですね。
魔法少女になる前の平凡な暮らしをしてきたまどかと、魔法少女になって、世界を救う神になったまどか・・・。
これを意味していたのだということがわかりました。
最後になって明らかになっていくというのは実に気持ちいいです。

88点。
GOODです。


ストーリー:★★★★★
キャラ:★★★★
演出:★★★★★
音楽:★★★★
総合:★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 【5話】:「後悔なんて、あるわけない」 【6話】:「こんなの絶対おかしいよ」
【7話】:「本当の気持ちと向き合えますか?」 【8話】:「あたしって、ほんとバカ」 【9話】:「そんなの、あたしが許さない」
【10話】:「もう誰にも頼らない」 【11話】:「最後に残った道しるべ」

 

拍手[3回]

投稿日時:2011/04/22 05:27:50 No.942

madoka11-1.jpg



魔法少女まどか☆マギカ、11話。
1ヶ月間自粛していたという噂ですので、待ちくたびれましたよ。
いよいよ最終段階です。

まどかが最強の魔法少女になったのは、ほむらが時間を遡っていたのが原因?
全ての元凶はほむらとのこと。
また、予想していたのとは裏腹に出た展開・・・やっぱイイ!


・・・全体を通して・・・
完全に謎に含まれていた。
ワルプルギスの夜が明らかになりそう。
必死のほむらの攻撃も、ワルプルギスの夜は無傷っぽい。

戦うしかない。
ほむらの運命が鬱すぎますね


・・・視聴を終えて・・・
11話の感想です。
1か月空いたとは言え、全ての演出に鳥肌が立ちますね。
そして、キュウべぇから衝撃の事実を知らされる、ほむらとまどか。
まさか過去に遡って何度もやり直すことでまどかの運命が変わり、ますます自分を苦しめているのだということが
判明する。

まどかにとってみれば、ただの転校生でしかない彼女ではあるものの、ほむらにとってみれば、かけがえのない友達であり、
親友であり、それを守り通したいという気持ちが繰り返せば繰り返すほど強くなっていくのが見て取れます。
結果、まどかが魔法少女へなってしまう?展開なんですが、これを覆す術はあるのかどうかですね。
まどかがワルプルギスの夜を倒した後、魔女になってバッドエンドか・・・。
また別の終結方法があるのか・・・その辺期待です。

それにしても鬱展開でした。
いきなり、さやかの告別式からってwww
杏子の扱いは結構ひどかったかもしれません。

何度時間を繰り返しても、結局は、自分を苦しめるだけだということを身にしみて教えられた回でした。
遅かれ早かれまどかが魔法少女になるのは変わらない・・・
まさに、キュウべぇさんのおっしゃる通りという結果だということです。

92点。
相変わらず好調です。

ストーリー:★★★★★
キャラ:★★★★
演出:★★★★★
音楽:★★★★
総合:★★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 【5話】:「後悔なんて、あるわけない」 【6話】:「こんなの絶対おかしいよ」
【7話】:「本当の気持ちと向き合えますか?」 【8話】:「あたしって、ほんとバカ」 【9話】:「そんなの、あたしが許さない」
【10話】:「もう誰にも頼らない」    

 

拍手[0回]

投稿日時:2011/03/11 04:52:35 No.859

5bbee4a3.jpg78635ca7.jpg72344556.jpg



ほむらの過去?
いきなりすぎて何が何だか分からなかった。
と、まどかも同じクラスにいるという偶然。
必然なのでしょうが、繋がりがありそうですね。
魔法少女まどか★マギカ、10話。


・・・全体を通して・・・
ほむらはまどからの学校に転入してきたものの、生まれつき心臓が悪かったらしくまともに何もできない。
準備体操ですら貧血になる始末で、何もできない自分に対して苛立ちを覚えていたようであった。
死んでしまえばいい・・・という声がどこからともなく聞こえる。
いつの間にか彼女は魔女空間に入ってしまったようであった。


・・・視聴を終えて・・・
ほむらの願いは、まどかを魔法少女にしたくない、させない。
魔法少女にならない生活を彼女は望んだのか?
そう思った私でしたが、結果は、守られる自分ではなく守る自分になりたいという思いだったようです。

そして、ほむらが魔法少女になったわけは分かりましたが、マミさんの理由は明らかになりませんでした。
ほむらが過去の時間に戻った段階では既に魔法少女になって相当な時間が経っていたようなので・・・。

しかし、魔法少女になったまどかですが、ほんと、初めてですね。
ここまでまどかが頼もしく見えたのは。

それはさておき、鳥肌の連続でした。
ほむらは結末を知っていた。
時間をさかのぼる能力が備わっているため、最終的にまどかを魔女にしない。
キュウべぇの思い通りにはさせないと何度も同じ時間を巡る。

魔法少女になったまどかとならなかったまどかの違いが明らかではあったと思います。
私たちが見てきたまどかは、おどおどしていて何だか見ている方もイライラ感が漂っていました。
しかし、魔法少女ルートのまどかは、何だか勇敢で、カッコよく見えました。

そして、マミさんとまどかのコンビネーション、ほんとにすごかった。

完全なるほむらルートだったと一言。
一度やってる出来事なので、間違えればやり直しがきくということで都合はいいですね。
しかし、クラスメイトにあっさり魔法少女になったというのは良かったのだろうか?
もっとクラス内で騒ぎになってもおかしくない一言だったように思いますが、まどかが赤らめるだけで終わりましたw

ほむら視点だったわけですが、ほむらがドジっ子キャラになっていまして、何だかイメージとしては、いつもと全く違ったイメージですね。
まどかも同様なんですがwww
ほんと、最高でした。
特にBGMとマッチ(壮大で)していて良かったです。

ようは、ほむらにとっては全ては必然だったということなんですね。

点数:96点。
完全なる満点レベルの値ですかね・・・。
演出が分かりにくいwww一言。
悪くはないんですが、二度三度見ないとやっぱ分からないかも。

後は、最後にOPが来た関係で最終回かと思ってしまいましたよwww(10話で終わりとか早い!と嘆きましたぜw)
OPの謎はまだ未解決だったりもしますが、どうなるんでしょうねー。
(ようは、あのまどかともう1人のまどかの存在について・・・)です。

ストーリー:★★★★★
キャラ:★★★★★
演出:★★★★
音楽:★★★★★
総合:★★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 【5話】:「後悔なんて、あるわけない」 【6話】:「こんなの絶対おかしいよ」
【7話】:「本当の気持ちと向き合えますか?」 【8話】:「あたしって、ほんとバカ」 【9話】:「そんなの、あたしが許さない」

 

拍手[1回]

投稿日時:2011/03/05 20:47:59 No.845

e344ec35.jpge2ed60ea.jpga9988533.jpg8b3d5320.jpg



シャフト演出、落ちていくさやか。
新たな魔女降臨・・・と言ったところだろうか。
欠かさず、杏子はさやかを救いにかかるが、足手まといにしかならないと、ほむらを含め一旦引くことに。
魔法少女まどか☆マギカ、9話。


・・・全体を通して・・・
線路を歩く杏子とほむら。
目の前には、まどかの姿が。
なぜこんなところを歩いているのかは不明。

ww「この宇宙のために死んでくれるなら、声をかけてくれ」ってw
はっきり言ってしまいましたね。
魔法少女になる=死ぬということ=魔女になることなのだと。
さすがにまどかは、魔法少女にならないだろうよ。


・・・視聴を終えて・・・
2話連続で脱落者が出る・・・こういう展開でした。
フラグを張っていた通り、杏子が脱落いたしました。
あれは、自爆スイッチみたいなものなのでしょうか?
しかし、ゾンビ化している状態であってもあれほどの爆発だと死ぬということなんでしょうかね。
いや、ソウルジェム(グリーフシード)の破壊により死んだと考えるべきでしょうか

杏子の死には意味があると、インキュベータは言っておりました。
これで、ワルプルギスの夜に対抗出来る魔法少女はほむらしかいない、そして1人では倒せない。
まさに追い込まれていたような感じです。
将棋で言うと王手を指されたと言ったところでしょうか?
まどかが魔法少女になるのか、ほむらが1人で戦うのか、いずれにせよバッドエンドしか見えてこないですねww

点数:80点。
今回も高評価です。

ストーリー:★★★★
キャラ:★★★★★
演出:★★★
音楽:★★★★
総合:★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 【5話】:「後悔なんて、あるわけない」 【6話】:「こんなの絶対おかしいよ」
【7話】:「本当の気持ちと向き合えますか?」 【8話】:「あたしって、ほんとバカ」

拍手[2回]

投稿日時:2011/02/25 04:14:54 No.828

76b6eafe.jpg5fd2b0c2.jpgecccddc5.jpg



魔法少女まどか☆マギカ、8話。


・・・全体を通して・・・
杏子に借りは作りたくない・・・と言いさやかは静かに、まどか共に去っていく。
さやか・・・まるで別人ですねー。
ほんと、寒気を感じるわ・・・。

ソウルジェムの汚れについて、いよいよ大きな謎のひとつが解決なるか。
ソウルジェムが濁り過ぎてしまうとどうなるのか?
ほむらは知っているみたいですが、どうなるのか予想がつきません。

さやかもさやかでついにどん底まで落ちた・・・そんな馴れの果てという感じがしますね。
愛する上条も取られてしまう。


・・・視聴を終えて・・・
衝撃の事実が次々と明らかになりました。
これはほんと、興味津津ですよ!

まず、ソウルジェムの汚れ。
これは、魔女へと変貌させるようです。
ソウルジェムに取り込まれてしまい、取り込まれた肉体は魔女になってしまうと言ったところでしょうか。

そしてほむら。
ほむらは正義でキュウべぇの方が悪、それが明らかになりました。
ほむらはやはり、この時間軸の人間ではなかったことが明らかになりました。

次にキュウべぇ。
可愛い顔に騙されるなとはこういうことなのですね。
また、最後の最後にものすごいことを発していました。
もちろん、まどかを魔法少女にすることが目的のようですが、彼の目的は最強の魔女を作るのが目的だと考えてよろしいんでしょうか?

それをほむらが必死に阻止。
キュウべぇ自身もいくらかコピーがいるようで、殺しても無駄・・・まさにこういうことだったのですね。
そして、武器の特性等も学習していく体のようで、殺せば殺すほど、耐性がついていくという厄介な代物でした。

杏子は、何だか孤立してきましたね。
何も知らない彼女は、キュウべぇ、ほむらとの戦いにただ巻き込まれているだけのような気もします。

やはり、まだまだ知られざる謎を感じます、ほむらとキュウべぇ。

今回はさやかの番でしたが、次回は杏子の番・・・なのかな?
杏子好きな自分としては死のルートに行ってしまうのは辛いところ・・・来週は鬱になるかな?

個人的には上手く出来ていると思います。
まどかが恐らく魔法少女になったら多分バッドエンド・・・そんな感じがします。
しかし、まどか自身は、ほむらはやっぱり信じがたい感じですし、どちらかというとキュウべぇの方に心が揺らいでいるかと思います。今回も魔法少女になりそうでなりませんでした。
キュウべぇの発言からして、魔法少女になればいずれは魔女になるという彼に取って見れば最高のシチュエーションですので、これをどう阻止し続けられるのかというのも気になりますし、これからどんどん衝撃の事実、展開を期待できそうです。
評価も高めです。
点数:84点。
シャフト演出の部分がちょっと分かりにくかったという点を除けばほぼ満点ですね。

ストーリー:★★★★★
キャラ:★★★★
演出:★★★
音楽:★★★★
総合:★★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 【5話】:「後悔なんて、あるわけない」 【6話】:「こんなの絶対おかしいよ」
【7話】:「本当の気持ちと向き合えますか?」    

 

拍手[2回]

投稿日時:2011/02/18 05:38:31 No.814

f19f28a6.jpg4a4653c4.jpg41f18d50.jpg



魔法少女まどか☆マギカ、7話。
欲望に身を寄せた結果がこれだったのね。
何だかむなしいというかww
そして、キュウべえは相変わらず、顔色変えず衝撃の事実が次々と明らかになっていくw


・・・全体を通して・・・
前回は、簡単に言うとゾンビ化されているということが判明。
ソウルジェムが肉体の本体だということが分かる。

杏子が良キャラになってる。
さやか自身は、彼女に対して敵意を焼いているようですが・・・。

杏子とさやかの考えは、似ているようで全然違う物だった。
自業自得だと考える杏子。
しかし、逆に後悔はしないと考えるさやか。

杏子も人のために魔法を使ったことが判明。
そして、その事実が表にばれてしまい、一家無理心中。
家族を壊してしまったのだと後悔していた。
やっぱり、自分と同じ過ちを犯して魔法少女になったさやか自身を同士にように心配しているようであった。

そしてさらなる急展開。
お友達である、ひとみが上条のことが好きだということが判明する。


・・・キャラクターに関して・・・
性格が大きく変化した杏子ですか。
いつの間にかというか前回の局面から、彼女の性格が変化したかと。
自分と同じ境遇にいるから、同じ道を歩んでいるからこそ彼女をほっとけないと思ったんでしょうね


・・・視聴を終えて・・・
結論から言うと、さやかは、完全に最期逝ってしまいましたね。
杏子がさやかの異変に気付きました。
なので、もはや普通のさやかではないということが見て伺えます。
どういった状態なのかは、描写が影描写だけだったので詳しいことは分かりませんが発狂していた印象を受けます。

杏子も応援に入りましたが、さやかは1人でやれると言い張り戦闘をやめない。
それを見ているまどかは、何の力にもなれないが毎回そばにはいるという中途半端な位置w
本当に気づい付いていっているのはまどかの方なのかもしれません。

そして、この発狂は意外とキュウべえの手回しがあったからかもしれませんね。
ひとみが急にあんな発言、あそこでこの告白が来てさやかを苦しめるとは思いませんでしたし。
まだまだキュウべえは隠している事実が多そうです。
「聞かれなかったから」と回答し、何も教えてはくれませんのでw

まだ、死者は出ていませんがそろそろ(次回くらいには)、さやかはやばいでしょうねー。

点数:56点。

ストーリー:★★★★
キャラ:★★★★
演出:★★★★
音楽:★★★
総合:★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 【5話】:「後悔なんて、あるわけない」 【6話】:「こんなの絶対おかしいよ」

拍手[1回]

投稿日時:2011/02/11 03:53:08 No.803

fb8b343c.jpg3aaf496c.jpgedc820ee.jpg



魔法少女まどか☆マギカ、6話。
いい加減、まどかもかなりうざい感じになってきました。
容姿は可愛いんですが、ここまで厄介事に突っ込んできますとイライラしてきそうです。
ほむらなんかまさにそんな感じ?


・・・全体を通して・・・
杏子との死闘を何とか打破したさやか。
ほむらが割って入らなければやられていました。
今回のキュウべえは、さやかにつく様子。
ジュエルシードは真っ黒。
でしたが、キュウべえの能力?によって浄化されていき、とりあえずはまだ魔法少女として活動できることに。
どちらにせよ、新しいグリーフシードを手に入れなければ杏子にも勝てないし、魔法少女として活動も出来なくなりそうではあります。

キュウべえめ、なんてことをw
まだ、まどかを勧誘したがっておりますね。
さやかを使ってまどかを魔法少女の世界へ引きずり込む作戦みたいですw


・・・視聴を終えて・・・
これは、ほんとカオス回だったです。
まさに、こんなの絶対おかしいよ・・・そのものでした。
杏子とさやかが死闘を再度繰り広げようとしましたが、ほむらがそこに乱入。
まどかとキュウべえも同行、レギュラーも揃ったところで試合開始・・・と行くところでしたが、まどかは、母親の言葉を真に受けてしまったようで、「あえて失敗してみる」ということで、さやかのソウルジェムを投げ捨てる。
するとさやかの様子がおかしくなり、死んでる?結果に。

さやかは死ぬというフラグは前々から立っておりましたが、まさに不自然な死に方のように思いました。
戦わずして死ぬってそれが親友によって殺される命ってww
あまりにも無残すぎる・・・と思ったわけでした。

ベテランの杏子もそのことには無知だったようでキュウべえに問いかける。
キュウべえは最初から知っていたようで、冷静クールに事実を述べていく。
契約とは、魂を抜きとる儀式みたいなものだったとのことですが、これは分からなかったですね。
「え?」と疑問符が思い浮かんだくらいです。

これは私の誤解していたようですが、さやかの死によって、まどかが魔法少女に覚醒するかと思いましたが全然違いました。
自分のせいでさやかが死んでしまった・・・だから、生き返らせる・・・みたいな願いで魔法少女になって、さやかに代わりまどかが魔女と戦っていく物語を想像していて、ついに魔法少女かと思いましたが、また今回もなりませんでしたwww

そして、ほんと、キュウべえ、可愛い顔してひどい生き物だな・・・と実感したわけでした。
しかし、なぜ願いが叶うのか?これは疑問のままですね・・・。

点数:88点。
個人的には予想外の展開で、予想できなかった展開で良かったと思います。
おかげでこの先がすごい気になります…。

ストーリー:★★★★★
キャラ:★★★★★
演出:★★★★
音楽:★★★
総合:★★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 【5話】:「後悔なんて、あるわけない」

拍手[2回]

投稿日時:2011/02/04 05:05:25 No.790

e671caa9.jpgf44ff012.jpg



魔法少女まどか★マギカ、5話。
さやかとキュウべえの怪しい密会w


・・・全体を通して・・・
さやか、普通に学校生活送ってる。
魔法少女になったんだ・・・という実感はないんですねー。

本当に、手が治ったんですね。
願い事の力なんだw
楽器演奏、続けるんですね。
これで、演奏したくないなんて言ったらどうするのか・・・と思ってたんですがw
とりあえずはハッピーエンド。

キュウべえ、どこにでもいるなw
こいつが絶対、悪魔な気がw

さやかの魔法少女として魔女退治。
まどかはそれに、同行。
同行させてよいのか、危険を冒すってのにw


・・・キャラクターに関して・・・
今回のこの欄は、杏子ですかね。
前回、終わりの方に少し出て終わってしまいましたが、今回は戦闘シーンまで用意されていました。
新人のさやかだったので強く見えたのかもしれませんが、考え方はまるで違った印象でした。
優しさという欠片はないようですw


・・・視聴を終えて・・・
祈りに応じてスキルも変わってくる・・・ですか。
これは面白いですね。
このシステムによって、何を願ったかというのが分かってきそうですね。

これが今回分かったことですね。
まどかもついに契約するのかとも思えましたが、残念ながら、ほむらの登場でまたしても契約ならずw
もう、1クールだとして、もう半分になるってのに、全く魔法少女にならないヒロインってww

そして、さすがに新キャラ強いですね。
赤い悪魔と言ったところでしょうか。
個人的には嫌いでもないキャラなのでまあ良いですけども。
彼女も契約して魔法少女になっていることから何を願ったのか気になるところですね。
かなりパワーに特化している様子ですので、力関係を願ったのでしょうかね。

さやかが癒しの祈りでした。
なので、パワーに関しては著しく低い物になっていたと思うので力負けする展開になっていたようにも思います。
こういうパターンですと、パワー押しの方がやっぱり勝つパターンが有力です。
回復出来ても相手にはダメージを与えられないわけですから・・・。
明らかにさやかは劣勢だということが分かります。

ほむらは全くの例外みたいなので(イレギュラー)、これはこれで面白くなりそうです。
全てが全て管理されているわけではないようなので、イレギュラーの登場があるってのが面白さを増していると思います。
見ていて、やっぱり彼女はいい人に見えて来ましたね。
意外と、ほむらはキュウべえより上の位置にいる存在かもしれなかったりww

キュウべえは、まどかをまだ狙ってたw
まどかも多分、いつ契約してもおかしくない状況に来ていると思います。

点数:80点。

ストーリー:★★★★
キャラ:★★★★
演出:★★★★
音楽:★★★
総合:★★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」
【4話】:「奇跡も、魔法も、あるんだよ」    

拍手[1回]

投稿日時:2011/01/28 06:01:25 No.777

b26c81ae.jpg53ff3031.jpg65a2228d.jpg



魔法少女まどか☆マギカ、4話。
さやかのターン。
彼女は、自分を責め続けている気がする。


・・・全体を通して・・・
魔法少女って、やられたら、存在そのものがなくなるんですか。
普通に死なのか、周りの人たちの記憶からいなくなり、存在自体なかったことになるという意味なのか。
もしかして、これは後者の方だったりしますかね?
どうやら、前者っぽいね。

これでも魔法少女になりたい?という問いかけにまどかは不安と恐怖は隠せなかったようです。
やっぱり怖いものなんだという認識が染みついてしまったようです。
全部過去形になってるし。

魔法少女にならず普通に生きることを望んだまどか。
王道なパターンではありますが、事件に巻き込まれる。


・・・キャラクターに関して・・・
さやかもまどかも、今回は元気がないですねー。
あの愛しのマミさんがお亡くなり?になったのですからね。
しかし、この事件は全てのきっかけとなりそうな気がする。
キュウべえは、依然と無表情www

そして、まどかは魔法少女になることをあきらめたことで、キュウべえともお別れする2人。
まどかは優しすぎる・・・これは言えてると思います。

最後に出てきたキャラですが、これはまた、何と言うかw憎たらしいと言いますかそんな印象。
キュウべえとも親しい様子です。


・・・視聴を終えて・・・
ますますキュウべえが黒く見えて仕方がない気がしてきました。
危機的な状況にして、魔法少女を契約させる。
契約せざるを得ない状況を作り出しているのがキュウべえな気がしますね。
まどかも、あの死と隣り合わせの領域であれば、魔法少女になる契約をするかとも思いましたが、残念ながら契約せず。

さやかは、契約してしまいましたね。
彼のために再起してもらうための願い・・・だったのでしょうね。
彼女にとって彼はどういったエピソードがあるのか詳しく知りませんがよっぽど深いエピソードがあるようにも思います。

あ、そうそう、最後に出てきた新キャラさんですが、個人的には結構好みのタイプになりますwww

ストーリーが良かったですね。
次回が気になる・・・そんな感じでした。
そういった感じにさせてくれるアニメってのは好きです。
期待を込めて総合点の方、★5つにしました。
72点。

ストーリー:★★★★
キャラ:★★★★
演出:★★★
音楽:★★
総合:★★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク    
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」 【3話】:「もう、何も怖くない」

拍手[1回]

投稿日時:2011/01/21 05:39:48 No.762

魔法少女まどか☆マギカ、3話。
いきなり、場所は病院に、知らない男の子とさやか。
バイオリンの演奏に、手の包帯。
怪我で演奏が出来なくなったと推定。


・・・全体を通して・・・
今回の戦闘は、使い魔。
使い魔はグリーフシードを落とさないので戦い損な気はする。
迷路の世界はやっぱり異世界ですねー。


・・・キャラクターに関して・・・
なるほど、あれほどまで、魔法少女になるのを拒んでいたのは、魔法少女としての資質によるものか。
そして、そのソウルジェムですか。
果たして、どのくらいの強さなのか、それを知りたいですねー、気になる。
黄色はちょっと怪しい雰囲気ですねー。


・・・視聴を終えて・・・
戦闘シーンが毎回ですが、かっこいい。
BGMがよりいっそう、雰囲気を盛り上げているイメージです。

そして、本題の魔女との戦闘ですが、今回も前回まで同様、あっさり勝利かと思いきや、攻撃が全然ヒットしていない様子でして、倒せず仕舞い。
最後のとどめの一撃、フィナーレも全然効き目なしの様子で魔女は孵化?してしまい、一気にマミを喰らう(マミは驚きの表情)。
ここで強制退場するとは思いませんでした。

彼女を強制退場させることで、2人は魔法少女との契約をせざる負えない状況になったわけですね。
しかし、今回はほむらの助けが入ったので、魔法少女にはなりませんでした。

魔法少女になるきっかけだけで3話分消費とはww
1クールだと9話分しか魔法少女話がないとのことですので何だかもったいないようにも思います。
土台がしっかりしていた方がまあ、良いですけども。
1クールと言う長さがネックになりますね。
しかし、この作品は面白くなってきそうですねー。

点数は72点でまたもや高評価です。
さて、マミは強制退場と書きましたが、これが本当なのか否か気になるところではあります。
魔法少女って一体、何人契約してるのかこれも気になっております。
マミがやられてもキュウべえは何とも思っていない様子でしたので、かなり魔法少女はいると思われますが、いかがでしょうか?

まさかマミさんを生き返らせる・・・みたいな願いをかけたりはしませんよね?w

ストーリー:★★★★
キャラ:★★
演出:★★★★
音楽:★★★★
総合:★★★★

評価の仕方について


・前記事へ
公式サイトリンク  
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」 【2話】:「それはとっても嬉しいかなって」

拍手[2回]

投稿日時:2011/01/14 14:02:19 No.749

6c4cb2e8.jpg63eaab0f.jpg96eb7f72.jpg



魔法少女まどか☆マギカ、2話。

 

・・・全体を通して・・・
ソウルジェム。
魔法少女は願いから生まれる。
魔女は呪いから生まれる。
そして魔法少女は魔女と戦う使命を科せられる。
何でも願いが叶う=死と隣合わせの中、叶えたい願いがあるかどうか・・・か。
悩ましいですねー。
頭で考えるだけで、通話可能(テレパシー)。
グリーフシード=魔女の卵
魔力も回復出来るのか、戦闘後のアイテム入手ってとこか。


・・・キャラクターに関して・・・
キュウべえは人には見えないのね。
赤髪・青髪・黄髪wwwこれは狙いですかねw
緑さんは、もう蚊帳の外状態。
魔女っていうから人型なのかと思ってましたが、何か異生物ですねーw


・・・視聴を終えての感想・・・
魔女を倒すと手柄・見返りがある。
すなわち、黄色にも願いがあるということ=黒さんとも戦闘になったことから、黄色さんとも終盤の方で戦闘になるかもしれないと期待。
今回は、まだ魔法少女にはならなかったですねー。
とりあえずは、魔法少女がどういうものなのかというのを体験するという回でした。
少しずつ理解は出来てきたと思いますね。
いよいよ楽しくなってきそうです。

高評価72点。
魔女を通し続けなければ魔女になってしまう=魔女になったらどうなるのか分からないですが、魔法少女に撃墜される運命にあるんでしょうかね?
ということは、今の魔女も以前は、魔法少女であったという可能性も否定できないですね。

ストーリー:★★★★
キャラ:★★★
演出:★★★★
音楽:★★★
総合:★★★★

評価の仕方について

公式サイトリンク

・前記事へ
公式サイトリンク
【1話】:「夢の中で会ったような・・・」

拍手[2回]

投稿日時:2011/01/08 03:50:38 No.736

e90a3665.jpgb37eb12a.jpg63365c9b.jpgf843c34c.jpg



2011年冬アニメ、感想3本目。
魔法少女まどか☆マギカ、1話。
魔法少女物と聞いていますので、期待しています。
制作がシャフトというのも大きく気になる点かな。
イメージとしては、ひだまりスケッチ・・・かな?

そして、この動物キャラも可愛かったです。


・・・全体を通して・・・
アニメ絵が非常に凝ってる印象ですね。
シャフト制作だからでしょうか。
特に、物を見ているとそう感じて来ます。
助けてという声、他人には聞こえない。
そういえば、なのはの1話もそんな感じでしたね。
それを思い出していました。

・・・感想など・・・
なのはを想像していましたが、また一掃違った展開でした。
異空間での魔法戦闘が主のようです。
メリーと被ってそうではありますが、大いに期待できそうなアニメです。
魔法少女物ってやっぱり、最初は何も知らない素人が何らかのきっかけで魔法少女になってストーリー展開する・・・これが王道だと思うんですよね。
まさにこれはそうかと。
まだ1話なので分からないですし、今まで見たアニメとは一風違った雰囲気を感じますので新鮮なアニメと化しそうな気はしますね。
キュウべえですか・・・、耳の2つのリング?がついていますので、2人分、願いをかなえる=魔法少女になる計約が出来るということなんでしょうか!?

点数的には、56点で、まあ好調のスタートのようです・・・。
私個人としても悪くない作品かと。

ストーリー:★★★
キャラ:★★★★
演出:★★
音楽:★★(1話のみは、OP・ED評価も含まれています)
総合:★★★

評価の仕方について

公式サイトリンク

拍手[0回]

ツイッター
QMA賢者の扉データ
QMA8 個人データ
巡回サイト high(毎日巡回)
巡回サイト usually(週1巡回)
カレンダー
09 2017/10 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ren
性別:
男性
趣味:
アニメ鑑賞、グッズ集め
自己紹介:
アニメ好きの人間です。
中でも魔法少女リリカルなのは、カードキャプターさくらは大好きです!
QMA8に嵌り中。
カテゴリ別
・アニメ全般(119)
・アニメ感想[2010年以降](757)
行事予定
2012.5.5 QMAラスク誕生祭
2012.6.7 QMAミュー誕生祭
2012.10.6 劇場版まどかマギカ(前編)
2012.10.13 劇場版まどかマギカ(後編)
2012.10.21 トライセン中津(琥珀杯?)
2012.11.10 名匠戦(橙)
2012.11.17 エヴァンゲリオン新劇場 Q
2012.12.8 名匠戦(紅)
2012.12.16 西日暮里琥社会限定大会
2013.1.1 QMAアロエ誕生祭
2013.1.5 レアマトリックス(琥珀杯?)
2013.1.19 名匠戦(紫)
2013.2.23 とある魔術の禁書目録 劇場版
2013.3.3 QMAユウ誕生祭
2013.3.9 名匠戦(黄)
2012.12.9現在

・水色(アクア)は、イベント
・グレーは、DVD等の発売系
・緑色は、映画・配信系
カウンター

1年目:合計=46973
総合カウンター
最新CM
[11/13 NONAME]
[08/09 こしあん]
[07/04 カナリア]
SEO Stats
ブログ通信簿
まだ継続中!!
タイムカウンター
ソラヲト時計
天気予報
ブログ内検索
応援・指示中
Angel Beats!公式HP ストライクウィッチーズ公式HP テガミバチDVD情報 侵略!イカ娘公式 けいおん!!公式HP みつどもえ Rewrite公式サイト
サイト価格
ジオターゲティング

ジオターゲティング
これまでの記録
100記事達成(2009.11.16)
500記事達成(2010.7.21)
1000記事達成(2011.5.13)
2000記事達成()
カウンター2000達成(2010.1.17)
カウンター5000達成(2010.2.9)
カウンター10000達成(2010.3.14)
カウンター20000達成(2010.5.25)
カウンター50000達成(2010.10.22)
カウンター100000達成(2012.3.5)
カウンター200000達成
・・・
現在のシンクロ率 :
忍者ブログ [PR]